自宅でできるバストアップ方法

あぁ・・・この小さい胸を大きくしたい。誰でも簡単にできるバストアップ方法ないの?
トップページ

誰でも自宅で簡単にできるバストアップ方法を紹介します!

バストに関する悩みの代表的なものは大きさに関することでしょう。
持っている大きさに不満を持っている女性は多いはず。

男性としてはバストは大きなほど目につき、大きなバストを持つ人の方が好まれます。
その男性の目線をバストが小さい女性は気にしてしまう。
そして、ついついバストが小さいことがコンプレックスになってしまう。

ではなぜバストが小さい女性というのが存在するのでしょうか。

進化的に言ってそれは男性をひきつける、子どもを育てる、という観点から言って絶対に必要な機能であるのに。進化として必要なバストが小さい人がいるというのはその人の生活環境が関係しています。

そもそも女性のバストは思春期に入ると膨らみ始めます。
その時に女性の体も丸みを持ち始め、体系的にふっくらし始めるのです。

しかし、最近の女性はそれを嫌い、丸みを持ち始めると同時に無理なダイエットをする傾向があります。

例えば野菜だけを食べたり、タンパク質を抜いたり。
これが一番悪いのです。

女性のバストを大きくするのは女性ホルモンが分泌されるから。
その女性ホルモンのもとはタンパク質に多く含まれているのです。

つまり、ダイエット目的でタンパク質を抜くということを思春期に行えば当然にバストが小さくなるというわけです。

また、本来持っている偏食なども影響してきます。このように、バストの成長に重要な時期に大切な栄養分を摂取しないということを世の女性は理解するべきでしょう。

もし、自身に娘が生まれて思春期を迎えた時にはそのことに留意して、アドバイスすることが重要です。

しかし、バストの悩みは小さい人だけの問題ではありません。
大きい方にも少々の悩みがあるのです。

大きすぎると邪魔であるし、そのバストにつながっている筋肉が重さで緊張し、肩こりが多いというわけです。

さらにブラジャーの問題もあります。大きなバストのブラジャーはなかなか少なく、その値段も通常のサイズよりも高いのです。

バストの大きな人の悩みは小さな人にとっては贅沢な悩みなのかもしれません。だけど、バストの大きな人も小さな人も思春期から2、30年はそのバストと付き合っていかなければなりません。

今は医療科学の発展でバストの維持やバストアップの技術が進んでいます。女性はそのバストが必要なものであるからこそ存在するということを理解して理想のバストを目指してです。

バストアップに欠かせない事

最も基本的なバストアップ方法は、背筋を伸ばして姿勢を良くするという事です。

猫背姿勢を直し、姿勢を良くする様に努めると、胸を持ち上げている大胸筋を自然にストレッチしている状態を保つ事が出来ます。

ですが、幼い頃からバレエのレッスンをしている人は別として、自然といつも姿勢の良い状態でいられる人は少ないのではないでしょうか。

良い姿勢を保つ事はバストアップの原点なのですが、姿勢を良くしていてもすぐに元に戻ってしまう、意識していてもなかなか直らないという事もよくあります。

こういう場合、背筋が弱くなっている事が原因の一つに挙げられます。

背筋は、胴体の背部にある筋肉の総称で、僧帽筋や広背筋などを含みます。

背筋は腹筋と共に体を支えるという大きな役割があり、これらの筋肉が衰えてしまうと腰や背骨を支えきれなくなり腰痛になってしまう事もあります。

背筋にはウエストを引き締める効果もありますから、この筋肉はぜひとも鍛えたいものです。

では、この背筋を鍛えるエクササイズをご紹介します。
まず1kgのダンベルか、水の入ったペットボトル(1ℓのもの)を二つ用意します。

両手にダンベルかペットボトルを持ったまま脚を肩幅に広げて立ち、背中はまっすぐに伸ばして45度ほど腰を曲げ、ひざを軽く曲げます。

この姿勢の時には下を向かずに顎を上げ、まっすぐ前を見るように気をつけましょう。

この姿勢のままで、腕を伸ばした状態から肘を曲げ、ダンベルを胸の位置まで交互に持ち上げます。

腕だけで持ち上げるのではなく、肩も使ってダンベルを持ち上げましょう。

この運動を20回1セットとして1日に2回行います。
腕を持ち上げる時に息を吐き、下に下げる時に息を吸いましょう。

慣れてきたら、無理をしない程度に回数やセット数を増やしてもいいでしょう。

このエクササイズは背筋を鍛えるだけでなく、大胸筋のストレッチにもなりますから、バストアップストレッチという事も出来ます。

背筋を鍛えると、きれいな姿勢を保つ事がとても楽になり、バストアップの基本である猫背改善に役立ちます。

背筋が弱くなると腰が曲がるのも早くなってしまいます。

美しいバストの為だけでなく、健康を保つ為にも、ぜひこの背筋を鍛えるエクササイズを生活に取り入れましょう。